シーズン残り僅か

楽天イーグルスのゲームを関東で見る機会はそもそもあまり多くなく、その中で田中が投げる試合となるとかなり限られる。その貴重な試合が8月27日の西武戦、CS進出に向けた直接対決。これは行かねばなるまいと。勝手な思い込みがあったけど、実際行ってみるとそんなに遠くなかった西武ドーム。

思えば、真剣に応援しにプロ野球見に行った記憶ってないのだな。応援に身が入れば面白い。そして快勝。

翌28日は千葉ロッテ戦。スタジアムはこちらの方がよほど近いので連日参戦。これも快勝。思えば、野球にしろサッカーにしろ、見に行った試合は負け試合というのが少なくないので、これは快挙(笑)。

今シーズン、残す観戦チャンスは来月下旬の西武戦までない、というのも連戦を決意した理由の一つである。

備忘として書いておくと、西武ドームのビールは¥700、千葉マリンは¥600、いずれも全銘柄同価格、ただし、千葉マリンのエビスは他より紙コップが小さい。また、サントリーは見あたらなかった。西武ドームのプレミアムモルツとエビスのコップは同サイズだった(と思う、気にしてなかったので)が、他の銘柄を検証していない。

日本酒はどちらも¥400。ビールばかり呑むと金かかるからこれは有効。西武ドームのうどんは美味かった、価格はゲレンデ並みだがそれでも安い部類、なのは場所柄やむなし。

西武ドームの1塁側に比べると、千葉マリンの3塁側指定席は狭いので、外野自由席がゆったりできそうである。内野はかなりマリーンズファンが浸食してるし。

西武ドームでは思いとどまったが、千葉マリンでは思い断ちきれず矢も盾も止まらずゲット(笑)。オフィシャルショップと同価格なので送料は入場料込み。

普通はホームを選択するんだろうが、応援席がこの色に染まっているのを見ると、やはりビジターかなと。早速着用応援。帰路は脱いだけど(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京五輪終わる

閉会式はこれからだけど。

オリンピックに限ったことではないが、今後の戦犯捜しだけはやめて欲しい。

感情からいえば、例えば野球、とても不満の残る結果ではあったけど、結果は結果。それまででいいだろう。

基本的に選手はアマチュア。金メダルを取っても、ないに等しい報奨金を得るぐらいで、名誉だけでは生活できないし。プロを集めた野球やサッカーだって、レギュラーシーズンと並行する負担は並大抵ではあるまい。

そもそも結果を期待するのは無責任な願望。そのあげく、敗退直後に引退意思を確認しようとする無節操。

勝ちに行くなら、そのためのナショナルチームを時間をかけて育成すべきだし、そんなのどこぞの大国がやってることの真似だし、そもそもオリンピックってアマチュアスポーツの祭典だったのではなかろうか。すべては商業主義優先になった報いかと。もっと純粋に競技の素晴らしさを楽しみたいもの。

それにしても、これでようやく中継から解放される(笑)。時差が少ないとついつい見てしまうのはいいんだか悪いんだか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

世界卓球2008

見た目以上に激しく、驚くほどの瞬発力と反射神経を駆使するスポーツ、卓球。

天才少女ともてはやされ、マスコミが取り上げた彼女には、全くといっていいほど興味がないというか、かえって反感すら抱いたものだ。

しかし、彼女は変にマスコミに毒されることもなく、着々と実力をつけ、トップ・アスリートに名を連ねるようになる。

そして迎えた日韓戦。最後の砦として、日本のエースとして登場した福原愛。エースの名にふさわしく、後がないという重圧をはねのけて勝利を手にした姿には、正直感動した。彼女のみならず、チームとしての一体感も素晴らしかった日本女子。

燃えるぜ!、世界卓球。男子の放送枠が深夜というのがいかにもマスコミ的扱いだけど。はい、そこまで見てません(爆)。

| | コメント (2)

表万座の変貌

西武の経営合理化により、営業譲渡された表万座スキー場は、表万座スノーパークとして再出発。廃止が危惧された嬬恋プリンスのスキーパックも存続して一安心。高いのはわかっているが、表万座の最寄りで宿泊するには他に選択肢がない。スキー場で呑むことを無上の喜びとしている身には(爆)、宿と表万座の送迎がないことには話にならないのである。

そろそろ常連扱いされるかと無意味な期待を抱いて到着した嬬恋プリンスの、ベテランドアマンは異動になり、あの笑顔で迎えられられないのは淋しい限りであった。もはやドアマンそのものが廃止されている。この夏、シェフも変わったとかで、食事も去年までと趣向が違う。好みに合う方に違うのは幸いだが。

これは今に始まったことではないが、ホテルの経営努力は痛いほどわかるが、それを無にするのはひとえに客質ではないかと。モラル、マナー、常識、これらの欠如はもはや経営側の責任ではない。

万座スキー場とは切り離され、送迎もなく、共通リフト券も廃止。万座スキー場まで足を伸ばす気はないので、これは実害なし。

さて、表万座スノーパークである。今回は積雪の関係でコースが限られていたが、謳い文句は全コースの復活である。これは期待したいところ。

様変わりしたのはレストハウス。外見は変化ないが、西武系でお約束のアリエスカにラーメンコーナーが集約されたようなメニュー構成のレストランに、餃子がないのが超残念。ラーメンコーナー跡は無料休憩所になったが、ここに限らず自販機にアルコールなし。売店がリフト券売り場兼レンタルショップになり、レンタルショップ跡はキッズルームとパトロールになり、元からあった無料休憩所には更衣室を増設。2ヶ所あったトイレのうち、レストラン下は封鎖され、ゲレンデからはやや遠い1ヶ所になってしまった。

決して積雪は多くなかったが、それにしてもシーズン・インの三連休にゲレンデもホテルも、こちらが心配するほど空いていた。客層は年寄りと家族連れが目立つ、自分もその範疇だが。空いているのは利用する側にはありがたいけれど、やはり行く末を案じてしまう。

Asm071223

これはゲレンデではなく、ホテルの窓から見る浅間山の夕景。

| | コメント (4)

夢に一歩近づく

正直、期待半分諦め半分だったのだが。

国立進出をかけた準々決勝、母校サッカー部は終了間際に失点したものの、準決勝進出。国立登場は在校時以来なのだそうな。

当時のエースストライカーは現フロンターレ川崎監督。以後現役Jリーガーを輩出。現在活躍している選手達にもJ入団内定者あり。なんかサッカー名門校っぽいぞ。

それにしても、チアリーダーの眉の細いこと(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新春の夢はかなうか

実は参加していたのも開幕してから知ったのだが。

母校が高校サッカー快進撃。初戦で名門を破り、3回戦で前年覇者に大勝。

在校時には国立まで進んだけど、準決勝敗退。今度こそひょっとするか?。

5日に国立への切符がかかる。でもね、母校はぬるい校風。最後の詰めでこけないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本フィギアスケート選手権 女子フリー

放送開始に間に合わなかったのだが。

注目していた太田は見ることができず。振るわなかったようだ。上位でノーミスだったのは真央のみ、これが実力か。恩田は最後まで納得の滑りができなかったようで。安藤は肩のアクシデント。ミスはしたものの、中野が3位に。舞も期待してたんだけど。

それにしても、マスコミは女子シングル偏重ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本フィギアスケート選手権 女子SP

他に見るものもなかったのだが。

見始めると、逸材が揃っているだけに面白い。上位6名は順当な顔ぶれ。心情的には、引退を宣言している恩田を応援したいが、表情まで見事に演技している中野が一押し。技術的に完璧な真央がノーミスなら順当に優勝だろうけど。

今日見るまで知らなかったけど、将来性は太田由希奈に期待大。バレリーナのごとく指先まで演技しているのが見事。

明日も仕事っす...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日は

傍観者ではあるのだが。

明日の浦和周辺は大騒ぎなんだろうね。どん底からはい上がった頂点、喜びもひとしおだろう。

思えば最近のJリーグは結果しか見ていない。飽きたというわけではなく、限られた時間の使い道として優先順位が下がっただけなんだけど。かつてはファンクラブに入ったり、ホームに観戦に行ったりしていたが、今はその気力は湧かない。

監督の退任が決定したり、日本代表にとんと縁遠くなってしまったけれど、優勝の瞬間に立ち会うこともできた、そのチームを今も応援していることには変わりない。

鹿島アントラーズ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歓喜の札幌北海道

ファイターズを祝福するのはもちろんだが。

やってると気になるので、今日決めて欲しいところを決めてくれた。プレーオフの勢いが持続したかな、去年のマリーンズも然り。新庄の強運は天性とはいえ大したものだ。MVPはダルビッシュに獲らせたかったかも。そして、何度となくリーグ優勝しているのに、意外にも久しく日本シリーズを制覇していないドラゴンズ。心情的にファイターズを応援していたが、ドラゴンズにも勝たせてやりたかったような。

さらにその影で。

大木金太郎氏死去。見てる方が痛くなるような、原爆頭突きの勇姿を忘れない。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧