Type s -> Type 0

えーっと
この場合「オー」じゃなくて「ゼロ」だけど

半年抵抗した挙げ句キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!

D71

一日遅れてキタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!

D72

ヤフオクからもキタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!

D73

D70sとF4とKenkoアングルファインダーはドナドナ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキーブーツ新調

10年使ったLANGEを買い換えた。数年前から買い換えなければと思っていたが、何となく機を逸していたうちに、限界を迎えた感じで。


 SALOMON FALCON CS JP


休日出勤をさくっと終えてお茶の水へ。ブーツは調整が肝要という後輩の薦めの店で吟味。奇しくも自分の足形と想定していたブランドが合致。試着してみると、今までのへたったLANGEは何だったんだっていうフィット感。

私の脚は膝下がO脚で無調整だと足裏の外側に体重が載る。それが証拠に、靴の踵も外側から減る。足形は幅広と思い込んでいたが、測定してみると細型なのだそうで、SALOMONやNORDICAが合わせやすいのだそうな。カント調整しただけで、一気に上達しそうな予感(笑)。

決して安くはないけれど、ブーツが壊れるまで調整は無料。技術の確かな店で買うことは、結果的に安いと言えるいい買い物をしたなぁと実感。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シーズン残り僅か

楽天イーグルスのゲームを関東で見る機会はそもそもあまり多くなく、その中で田中が投げる試合となるとかなり限られる。その貴重な試合が8月27日の西武戦、CS進出に向けた直接対決。これは行かねばなるまいと。勝手な思い込みがあったけど、実際行ってみるとそんなに遠くなかった西武ドーム。

思えば、真剣に応援しにプロ野球見に行った記憶ってないのだな。応援に身が入れば面白い。そして快勝。

翌28日は千葉ロッテ戦。スタジアムはこちらの方がよほど近いので連日参戦。これも快勝。思えば、野球にしろサッカーにしろ、見に行った試合は負け試合というのが少なくないので、これは快挙(笑)。

今シーズン、残す観戦チャンスは来月下旬の西武戦までない、というのも連戦を決意した理由の一つである。

備忘として書いておくと、西武ドームのビールは¥700、千葉マリンは¥600、いずれも全銘柄同価格、ただし、千葉マリンのエビスは他より紙コップが小さい。また、サントリーは見あたらなかった。西武ドームのプレミアムモルツとエビスのコップは同サイズだった(と思う、気にしてなかったので)が、他の銘柄を検証していない。

日本酒はどちらも¥400。ビールばかり呑むと金かかるからこれは有効。西武ドームのうどんは美味かった、価格はゲレンデ並みだがそれでも安い部類、なのは場所柄やむなし。

西武ドームの1塁側に比べると、千葉マリンの3塁側指定席は狭いので、外野自由席がゆったりできそうである。内野はかなりマリーンズファンが浸食してるし。

西武ドームでは思いとどまったが、千葉マリンでは思い断ちきれず矢も盾も止まらずゲット(笑)。オフィシャルショップと同価格なので送料は入場料込み。

普通はホームを選択するんだろうが、応援席がこの色に染まっているのを見ると、やはりビジターかなと。早速着用応援。帰路は脱いだけど(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone インプレ ケース編

iPod touchとiPod Classicを売却。幸い買取上限価格満額。傷を気にせずすっぴんでガンガン使いたいが、必ず買い替えの際売却するのはiPhoneも同じ。なので、ケースは重要。

Iphncvrkzhnshk

導入と同時に装着したエレコムのケースに早くも傷が。その為のケースだからそれはいいのだが、気になるのは原因不明の茶色い変色。洗っても落ちない。それよりも、ケースからiPhoneに色移りするのが一番怖い。不安を拭えないのできっぱりケース交換することに。

店頭でさんざん迷ったあげく選んだのは、同じくエレコムのシリコンケース。耐衝撃性はポリカーボネート製に劣るが、スリープボタン、ホームボタン、音量調節ボタンも覆われるのが利点。材質は適度に滑りやすい加工が施してあり、埃がつきにくい。フィット感もほどほどでタッチパネルの縁の浮きも見あたらない。受話口脇には光センサーがあるので、あえて受話口周りを中途半端に覆わないのも見た目にはよろしいかと。

しかし、ポリカーボネート製ケースの利点も捨てがたいのは事実。そしたらタッチパネルまで覆うタイプを発見。

ケースの厚み分、一回り大きくなってしまい163gになるが、安心感は絶大。パネルとカバーが密着するとモアレを起こすが、これはノングレアのフィルムを貼れば解決するという。ケースの構造上、タッチパネルの縁に近いところは若干反応が鈍いが、それ以外は逆に敏感すぎる反応が抑えられる気がする。といえば好意的だが、反応すべき時に反応しないとイラつくこともあるのは確か。と・こ・ろ・が!、厚みがありすぎて、この幅ではクレードルに入らない。どうしてこう、どれもこれも帯に短したすきに長しなんだ(´・ω・`)。脱着は決して楽ではなく、繰り返すと破損しそうで他と使い分けるのは現実的ではない。薄さと強度を兼ね備えるのはやはり当初のエレコム製か。

試用する手段がないので、こうして買ってみるしかないが、どれも一長一短で結論はもう少し先になりそうだ。

入荷待ちだったアームバンドが入荷不可で強制キャンセルされた。ランニング時のiPhone利用にはベルトクリップも検討対象に追加したが、とりあえずこれは安いのでキャンセルの代替発注。しかし、Airジャケット装着状態でも使用可という情報に期待したが、エレコムのカバーがきついながら辛うじて脱着できる程度。収納部の縫製をもう少し緩くできればいいんだが。汗を完全に遮断するのは無理だし、やはりランニングには使わない方が無難か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone インプレ アクセサリー編

胸ポケットからの落下防止にはネックストラップ。ドックコネクタに接続するタイプ。iPhoneは反対側にジャックがあるので、ヘッドフォンを装着した状態で胸ポケットに収納するには難あり。

  

iPodとして使うことが多いので、その時の電話対応。iPhone付属はカナル型ではないので私は使う気なし。マイク内蔵でヘッドフォンは好みのものを使用可。iPodリモコン機能もあり。ロック状態でもリモコン可なので、それだけの用途でも十分価値あり。純正を使わない人にはお勧め。ちなみにこれとセット販売もあるカナル型ヘッドフォンATH-CK300は実に好みの音で、一晩エイジングして聴いたところ、締まりのある低音とバランスよい中高音で鳴っている。ドンシャリ好みの方には勧めませんが。

頻繁な充電にはやはりクレードルが便利、片手でできるし。ケース付きで使えるのが利点。発送予定3週間後が3日で届いた(笑)。幅65mmの固定、コネクタの奥行きを調節できる。少々場所を取るのが難か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サード・インパクト

斯くして3つめのキャリアへ。

Iphncmhr

すまぬ>某氏

| | コメント (3) | トラックバック (0)

絶滅危惧種を捕獲

iPodのおかげで、ライブラリの可搬性は飛躍的に向上。それを支えたのは音源圧縮技術。これが圧縮音源販売にまで拡大した。

んだけど、相変わらず音源はCDで確保している。iPodで聴く手軽さにかまけて、圧縮したきりしまい込まれるCDすらある。のは、ちょっと違うんじゃないかなと。

試しにAppleロスレスで圧縮してみると、確かに雰囲気が違う。さりとて、全ライブラリをエンコードし直すのは気が遠くなるし、ロスレス故の圧縮率の低さは、HDDにもiPodにも容量の壁が立ちふさがる。

そもそも可搬性を犠牲にして、原音を聴きたいなら圧縮なんて手間をかけなければいいわけで。

 SONY D-NE730

今や絶滅危惧種に指定されても不思議がない、CDウォークマンを導入。思えばDiscmanと呼ばれていた頃、車キノコと併用して以来だから、ずいぶんと久しぶりだ。メディアサイズの制約はあるものの、ずいぶんと小型化されている。その小型化と引き替えに、本体にあった液晶表示はリモコンのみであるが、本体だけでも操作はできる。シャッフル再生はリモコンを介さないとできないのは残念だが、レジューム機能はある。

久しぶりに見る、ガム型充電池を現在鍛え中。省電力のためか、リピート再生ができないので、MP3音源を利用して長時間再生しようと、バックアップディスクを装着したら、どれもこれも認識しない。よく考えたら、どれもDVDメディアだった(笑)。

これで、帰宅しても届いたCDをiPodに取り込めなくて<理由:酔っている(爆)、お預けを食らうことは回避できる。しかし、この季節だと、ポケットに入れて持ち歩くのはかなり無理があるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SWANS Gullwing 度付き

梅雨空が続いているが、これからの季節、ランニング時のサングラスが欲しいと常々思っていた。コンタクトレンズを装着すれば、簡単に実現するのだが、スキーの時以外は滅多に使わなくなり、装着が億劫なのが正直なところ。

自分の行動範囲の眼鏡屋では、求めているものが見つからず、検索した結果、東京から三重と愛媛に発注(笑)。

 

SWANSといえば、バイクやスキーのゴーグルではなじみ深い。届いたら合体。

Gllwg

ボールを目で追うようなことはなく、走る時穴に落ちなければいいので(笑)、小型のフレームを選択。度が強いので、標準の次の薄型レンズにした。もう1ランク上の薄型もあったが、レンズが小さいのでこのレベルで十分だった。見え方に違和感はない。多少重くなるのは仕方ないが、走っていてもずれることはない。ミラーレンズなので、インナーフレームは外からはほとんど見えないし、脱着も容易でSWANS、SPALDINGのサングラスに流用可。長く使えそうなので、高くないんじゃないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FROGMANの不思議

夏場のクール・ビズではG-SHOCKを常用。但し、黒モデルのみ。そして冬の休日は白RISEMAN、夏の休日はスケルトンFROGMANと使い分け(笑)。

さて、このFROGMAN、ダイバーズという設計故の制約なのか、現行主要モデルでは唯一電波受信非搭載。自分にとって、用途を満たすのはRISEMANなのだが。

何故か気になるモデルである。左右非対称のデザイン故か、重厚なデザイン故か、理由は定かでないが。G-SHOCK好きの間でも人気は高く、流通量も少なく、売価の値引きも少なく、ともすればプレミアも。

幸いにも入手できた25周年記念モデルのスケルトン、黄ばみは宿命。まだその兆候はないが、確実に迫っている。ベルトとベゼル、通称ベルベゼを交換すれば甦るが、その時入手できるとは限らないのが交換パーツ。たまたま見つけた25周年記念Dawn Blackのベルベゼ。確保しておいてもよかろうと。

Frgmnblbs

FROGMANの次期電波搭載モデルのモックアップは発表されている。

月齢、潮汐データ搭載。もろ好み、買っちゃうのかなぁ。

先に雰囲気楽しむかとお着替えしてみようかなと。手持ちの工具では心許なかったので、この際確保。

写真ではわかりづらいが、四方の固定ビスは同一ではないので、位置に合わせてセロテープで固定。ベゼルのビスは飾りなので、トルクス・ドライバーは不要。

Frgmnchg1

なんちゃってDawn Blackの出来上がり。

Frgmnchg2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつも乾かぬ舌の根

忘れてたWWDC。

これ以上通信費を払う気がないので、iPhoneは興味対象になって欲しくない(笑)意味でドキドキものだったが、外見上はほとんど変わらず安堵。MacBookPro13"はそそるが、代替需要は当面ない。Safari4はすかさずアップデート、タブの使い勝手が結局変わらなかったのは○。Snow Leopardはいままでになくアップデート費用が安そうなので期待大。

iPodは変わるとすれば9月なんだよな。

ランニングにはアームバンドって固定観念があったが、こんなのもあるんだな。でも、ランニング以外で使う時、その都度ケースから取り出していたら弊害がありそうだし、入れっぱなしでは重そう。アームバンドに入れるときは、原則iPodはむき出し状態。nano 3G用のシリコンケースは安物が幸いして、密着が緩いので脱着が楽だけど、普通は難儀するのは2Gで検証済み。そうすると、ランニング時以外はケースなしで使うのが常套。その辺は割り切り。

考えは二転三転して結局。

Ipdnn4gby

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧